外国人技能実習生を受け入れるメリットと注意点

外国人技能実習生は、日本の技術や知識を外国人に習得してもらい、それを母国へ持ち帰って国の発展に役立ててもらうための制度です。

安心、信頼の外国人技能実習生の情報が欲しい方必見です

そして実習生を受け入れる日本の企業側には、メリットと注意点があるため、検討する際はそのことを知っておきましょう。

外国人技能実習生を受け入れるメリットとしては、まず「国際貢献や国際化ができる」ということが挙げられます。
特に国際化に関しては、実際に外国の実習生に接することで、海外展開へのイメージがしやすくなるということが言えるでしょう。


そして実習生は、「技能習得への意欲が高い」ということもメリットだと言えます。
ですので指導のしがいがありますし、安心して雇用契約を結ぶことができるということが言えるでしょう。

さらに、外国人が職場にいることで、従業員の中に、親切に教えようとか助けてあげようという気持ちが増えてくるため「社内の雰囲気が変化する」というメリットもあります。外国人技能実習生を受け入れる際の注意点としては、「3年間しか滞在させることができない」ということが挙げられます。



ですので、どれだけ優秀な人材でも、3年間しか働いてもらえないということをあらかじめ知っておきましょう。
そして、「実際に企業へ配属されるまでに時間がかかる」ということも注意すべきです。



実習生には、多くの手続きや面接、そして日本語の講習などが必要になるため、実際に配属されるまでは4〜6ヵ月程度かかると言われています。