日本企業による外国人技能実習生の受け入れ

近年の日本では人口の減少や高齢化に伴い、健康的に働ける人材の確保が非常に難しい状態となっています。

外国人技能実習生の情報がてんこ盛りのサイトです。

これに伴い企業では、優れた技能や知識を持つ人材が居なくなり生産力や品質の低下が大きな問題のひとつです。一方で東南アジアをはじめとして発展途上国では、人口増加や急激な経済の発展により更なる技術の進歩が望まれる状態です。


そこで、日本企業において発展途上国の若者を外国人技能実習生として受け入れをし、実際の実務を通してより実践的な技術力や知識の習得を行わせて、帰国した際には母国の経済発展の為の担い手になれる様な人材を育成する公的制度がつくられています。実際に入国した外国人技能実習生は、受け入れ企業と雇用契約を結び実践的な能力を高める為に、3年間の技能実習に入る事になります。

外国人技能実習生が学ぶ主な職種には、金属プレス加工・鉄工・めっき・電子(電気)機器組み立て・建築(型枠)大工・鉄筋施工・タイル(左官)工・農業・畜産などあらゆる分野に至ります。



この制度でのメリットは、日本の技術を実習生に伝える事により実習生の国の発展に繋がると共に国際援助の一環を担う事ができます。
また、意欲溢れる発展途上の若者は労働意欲も溢れ、職場に新しい刺激があり日本人従業員にも仕事に対しての責任感や使命感が生まれます。



更に、海外進出を考えている企業や既に進出を行っている企業では、日本で学んだ実習生を採用する事ができます。